works 主な住宅・建築

須賀川の家

須賀川の家

比較的交通量の多い三叉路に、半島のように突き出た三角形の敷地に建つ住宅である。頻繁に行き交う自動車の騒音や通行人の視線などから建物内部を守れるよう道路側には窓を設けないことと、平屋としつつ三角形の敷地に最大限の平面積を確保することが求められた。
 そのため、敷地いっぱいの三角形の平面に中庭をもうけ、中庭を介しながらそれぞれの部屋を見通し、中庭を中心にそれぞれの部屋を回遊できるような空間構成にすることで、外に閉じながらも広がりのある内部空間をつくりだしている。
 外部には閉じつつも、内部では部屋と部屋とが密につながっていて、家族が中庭を中心によりそいながら過ごせるような楽しい住宅となっている。

 
用途 住宅
構造 木造
階数 1階
備考 Design by 都市建築設計集団/UAPP 手島浩之
実施設計・現場監理担当
  • 完成イメージ1
  • 完成イメージ2
  • 完成イメージ3
  • 完成イメージ4
  • 完成イメージ5
  • 完成イメージ6
  • 完成イメージ7
  • 完成イメージ8

Top of Page